青森病院のあゆみ

2012年1月4日

独立行政法人国立病院機構 青森病院の沿革

 

月日 概要
1940 昭和15年 6月30日 軍事保護院傷疾軍人青森療養所として東津軽郡平内町小豆沢に創立
1943 昭和18年 3月 1日 青森県立臨浦園として、青森市久栗坂に創立
昭和18年 4月 1日 日本医療団に統合
1945 昭和20年12月 1日 厚生省に移管、国立青森療養所となる
1947 昭和22年 4月 1日 厚生省に移管、国立青森療養所分院国立療養所臨浦園となる
1951 昭和26年 4月 1日 国立療養所臨浦園となる
1951 昭和26年11月 1日

米国対日援助見返り資金特別会計によって新設

結核病棟100床をもって国立岩木療養所(厚生省付属機関)として発足

1972 昭和47年 7月 1日 国立青森療養所と国立療養所臨浦園との統合により新たに国立療養所青森病院として発足
1980 昭和55年 4月 5日 国立療養所岩木病院と名称変更
2002 平成14年12月 1日 国立療養所青森病院と国立療養所岩木病院との統合により新たに国立療養所青森病院として発足
2004 平成16年 4月 1日 独立行政法人国立病院機構青森病院(通称:国立青森病院)として新たな1歩を踏み出す
2014 平成26年 4月 1日 中央病棟新築、一般病棟(重症心身障害)40床増床となり、一般300床、結核60床、合計360床となる。
2017 平成29年度 外来管理診療棟 完成予定