筋ジストロフィーについて:長期療養(療養介護)

療養介護病棟とは

療養介護病棟では、医療的ケアを必要とする障害のある方のうち常に介護を必要とする方に対して、主に昼間において病院で行われる機能訓練、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護及び日常生活上の世話を行います。
医療機関において医療的ケアと福祉サービスを併せて提供する、障害者総合支援法に基づいた入院(入所)形態です。

※医療型の「医療療養病床」、介護保険適用の「介護療養型療養病床」とは異なります。

対象となる方

  • (1)筋萎縮性側索硬化症(ALS)障患等、気管切開を伴う人工呼吸器管理を行っている者であって、障害支援区分6の方。
  • (2)筋ジストロフィー症患者又は重症心身障害者で、障害支援区分5以上の方。
※長期の医療的ケアと常時の介護が必要で(1)または(2)に該当する18歳以上の方に、当院との「契約」を結んでいただいてのご入院となります。
※当院の療養介護病棟には、筋ジストロフィー、神経難病の患者様がご入院されています。
※利用期限はございません(1年ごとに契約の更新が可能です)。

入院の流れ

入院の流れ

地域医療連携室宛に電話にてご相談ください。

受診調整の上、本人もしくはご家族の神経内科外来受診をお願いします。
医師の判断により入院予約となった場合、入院待機となります。
ベッドの調整がつき次第入院のご案内をいたします。

障害支援区分申請をし、「対象となる方」の要件を満たした場合「療養介護」申請を行い、市町村から「受給者証」が届き次第「療養介護契約」をします。

入院の自己負担額について

自己負担月額については、本人及び配偶者の所得に応じて決定されます。
低所得1,2の場合は個別減免等がありますので、市町村障害福祉担当窓口でご確認ください。

詳しくは、地域医療連携室へご相談ください。

独立行政法人国立病院機構青森病院 地域医療連携室

〒038-1331 青森県青森市浪岡女鹿沢平野 155-1
TEL:0172-62-4055(代表)/内線 5584, 5560, 1134
FAX:0172-62-7534(地域医療連携室直通)