筋ジストロフィーについて:定期的短期検査入院

筋ジストロフィーのように、慢性進行性の経過をたどり、四肢の筋力低下のみならず、飲み込みや呼吸などの全身に関わる症状を呈する疾患においては、定期的なチェックを行い、病状に合わせた対応をしていくことが、非常に大切です。

当院では、在宅療養中の筋ジストロフィー患者さんに対して、年に一度、2泊3日の短期入院を実施し、心循環系・呼吸・摂食嚥下などを中心とした検査一通り行うことを、お勧めしています。疾患特有の合併症が知られている病型の方には、基本メニューに加えて合併症の検索も行います。頻繁なチェックを要する状態の方には、3~6ヶ月毎の外来検査を行い、病状に合わせたフォローアップを心がけています。また、人工呼吸器の導入や設定調整のための短期入院も実施していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  入院1日目 入院2日目 入院3日目(退院)
検査 □X線写真、心電図
□CT検査
□動脈硬化の検査,肺活量,その他呼吸に関する検査,心臓超音波。
□24時間装着の心電図検査
□夜間(21時~6時)モニターを装着し酸素飽和濃度の検査・記録。
□血液,尿,便の検査
□朝・昼・夕食前後血糖の採血
□動脈血の採血
□筋電図等検査
□CT検査
□医師より検査結果説明
その他 □リハビリ定期評価 - □次回外来日の確認と説明
筋ジストロフィー検査入院のご案内