ノロウィルスによる感染性胃腸炎にご注意を!

2012年1月5日

ノロウィルスによる感染性胃腸炎の多発がみられます。

       

~感染防御に十分ご注意下さい!!~


 

○ノロウィルスとは

ノロウィルス写真

(ノロウイルスの透過型電子顕微鏡写真:Wikipedia より)

<スケールバー50nm>

・ 二枚貝(特に牡蠣)などに寄生

・ 潜伏期間:1~2日

・ 主症状:激しい下痢・嘔吐(発熱は軽度)

・ 治療:補液など対症療法で2~3日で軽快

・ 診断:遺伝子検査(外注・保険適応外)

 

○特徴    

*感染力が非常に強い:ヒト→ヒト、汚染環境→ヒト

便や吐物中に多量のウィルスが含まれる

汚物に直接触れなくても、便座・蛇口・取っ手などからも感染

*アルコール消毒は無効

 

○感染対策のポイント

*原因がはっきりしない急性発症の嘔吐・下痢患者ではノロウィルスを疑い、厳重な接触感染予防策を行う

自身の曝露防止も含め、手袋・マスク・ガウン着用

排泄物による汚染は次亜塩素酸ナトリウム(市販のミルトン、ハイターなど)で消毒

* 貝類は十分な加熱を

* 手洗いを徹底する